information

イタリア旅行

2019年8月27日、家族でイタリア旅行を満喫してきた。
成田12:35発 ミラノ行き アリタリア航空AZ787便

第一ターミナル北ウイングに9時30分到着。3時間前に到着しました。
心の余裕が大切です。2時間前までには到着しましょう。
アリタリア航空 AZ787便

アメリカンエキスプレス デルタカードがあるため、スカイプライオリティで優先的に
チェックインできます。
スカイプライオリティは、エールフランスやデルタ航空が加盟している
「スカイチーム」のサービスです。
チェックインや手荷物検査など、どうしても移動距離が長くなってしまう空港での
手続きについて、優先的に対応してくれます。

今回のイタリア行の、アリタリア航空の預け入れに荷物1個の重量リミットは23kg
まで。一人につき2個まで可能です。重量オーバーするくらいなら2個に分散した方が
お得です。重量オーバー追加料金高いです。
事前に自宅で調整しておきましたので完璧です。(水が重たかった)
さらに、アメリカンエキスプレス デルタカードがあるため一人預入3個までOK。
スカイプライオリティ 優先搭乗

並ばずに優先チェックイン後は、専用ラウンジで無料ビールを頂きます
成田北ウイング

ラウンジは、搭乗口近くの上にありました。
成田空港 ラウンジ

ワインや生ビールが飲み放題です。しかも搭乗時間になると教えてくれますので、
ゆっくりくつろげます。
デルタカード優先搭乗

娘はドリンクとカレーライスに味噌汁で、私は生ビール、妻はもちろん赤ワイン。
焼きそば、野菜スティックやポテトチップなどもすべて無料です。
アメリカンエキスプレス デルタカード

アリタリア航空 ミラノ直行便でフライト時間は約13時間です。
アリタリア航空 ミラノ直行便

離陸後2時間ぐらいで、これは夕食になるのだろうか。
和食とイタリアンが選べましたので、迷わずイタリアン!で正解でした。
機内でもビールを頂きました。
食事後は、アマゾンプライムビデオを事前にダウンロードしてきましたので、iPadで
映画鑑賞です。
アリタリア航空 朝食 機内食

機内の様子はこんな感じです。
アリタリア航空 機内

さらに、夕食から4時間後くらい後に、これは朝食かな?
食事後は睡眠時間です。
アリタリア航空 昼食 機内食

娘はアイマスクして寝ております。
窓のブラインドを全て閉めているので機内は暗いです。
アリタリア航空 機内AZ787便

ミラノ到着2時間くらい前に3回目の食事です。
アリタリア航空 夕食 機内食

ミラノ時間、18時15分に到着です。日本との時差はジャスト7時間です。
ミラノ アルペンサ空港

マルペンサ国際空港空港へ到着後は、手荷物を受け取りバスでホテルまで移動。
ミラノ バスで移動

翌日のホテル朝食です。
ハムやウインナー、パスタが旨い!
ミラノで朝食

台湾に行ったときは、味が違い過ぎて娘は何も食べらえずでしたが、イタリアは旨いの
連発です。良かった~。
ミラノで朝食 パスタ

チーズも美味しいです。
ミラノで朝食 生ハム

サンタ・マリア・デレ・グラッツエ教会に向かいました。
有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐を見に・・・。
レオナルドダヴィンチ 最後の晩餐

こちらが、サンタ・マリア・デレ・グラッツエ教会の入り口です。
最後の晩餐 イタリア

今年は500年記念だそうです。
レオナルドダヴィンチ 最後の晩餐 イタリア

路面電車も魅力的
イタリア ミラノ旅行

かの有名な、最後の晩餐です。何とも不思議な感覚でした。
レオナルドダヴィンチ 最後の晩餐 壁画

一時は馬小屋で使用していた時期があったそうです。
レオナルドダヴィンチ 最後の晩餐 馬小屋

最後の晩餐 壁画の反対にはキリストの十字架が。
レオナルドダヴィンチ 壁画

撮影に凝っている真彩
真彩 ミラノ イタリア 旅行 新島学園

バックをうまくぼかして。カメラ設定は真彩がして、私がシャッターを押すだけ。
イタリアミラノ 新島学園 真彩

ミラノ ドゥオモ広場

ミラノの中心部にある、ドゥオモ広場の中心にたたずむのは、ミラノを象徴する
ゴシック様式の教会です。なんと400年以上の時間を経て完成した【ドゥオモ】
ミラノ ドゥオモ広場

何故か、鳩に餌をあげる人がいて・・・。餌を渡されるとお金取られますので注意!
ミラノ ドゥオモ 広場 真彩

天まで届く石柱は圧勝です。人間が創ったとは思えません。
教会内部のステンドグラス、主祭壇などは素晴らしすぎます。
私たちは時間お関係で屋上へは登れませんでしたが、是非屋上へ行ってみてください。
ミラノ ドゥオモ広場 内部

ミラノ ドゥオモから、バスでベネチアに移動しました。
ミラノからベネチアンへ

陽気な家族たち!イタリアモード全開です。
ミラノからベネチアへ移動

ベネチア・ホテルで夕食
またまた、ビール頂きです
ベネチア ホテル夕食

陽気なイタリア人に連れていかれる真彩
陽気なイタリア人と平尾真彩

この眼鏡をつけさせたかったらしい。言葉が通じないが身振り手振りでどうにか理解。
イタリア人と平尾真彩

大変、陽気な皆さんです。接客はすべて男性です。
イタリア人と平尾綾子

こちらは翌日ベネチア ホテルでの朝食です。
ベネチアン 朝食

こちらでもハムやベーコンが、ちょー旨い
ベネチア 朝食

真彩も食べる食べる
ベネチア 朝食 ハム

船で、ヴェネツィアの名実ともにシンボルであるサン・マルコ寺院へ!
船でサンマルコ寺院

サンマルコ寺院
ベネチア サンマルコ寺院

こちらが有名な「ため息橋」。
名前の由来は、「ドゥカーレ宮殿と牢獄とを結ぶこの橋」が、囚人たちが投獄される前
最後に見るベネチアの美しい景色を見てため息を もらした、というところから
19世紀にジョージ・バイロンが名づけたものだそうです。
イタリア ベネチア サンマルコ寺院

ベネチアの観光といえば「ゴンドラ遊覧」です。
サンマルコ寺院 ゴンドラ遊覧

すべて乗り比べたわけではないので、どこから乗ると一番イイ景色が見られるのか、
わかりません。が
”ホテル・ダニエリ前の船着き場”(サン・マルコ小広場前もOK)であれば、
「ため息橋」「リアルト橋」の景色を見られます。
ゴンドラ遊覧 サンマルコ寺院

ドゥカーレ宮殿、服装チェックは厳しく、露出の多い服では入れないので、
特に夏場は注意しましょう。
大きな荷物(デイパックなど)も持ち込めません。
サンマルコ寺院

ベネチア共和国の歴史は7世紀に始まり、ドージェを中心とする共和制を
約1,000年もの間、保持した国家です。

アドリア海と東地中海の貿易と強力な海軍を武器に、その勢力は一時アドリア海沿岸
からイオニア海、エーゲ海、キプロスにまで及びましたが、大航海時代が訪れると
地中海貿易も陰りが見え、 オスマン帝国との戦いで多くの領土を失い、
ナポレオン・ボナパルト率いるフランスに侵攻され、1797年に降伏して滅亡。

総督邸でもあり、立法、行政、司法の中枢を司ったドゥカーレ宮殿は、
9世紀に建てられた後、何度か火災に遭って改築され、15世紀に現在見られる
姿となりました。
内部は、画家ヴェロネーゼやティントレットのフレスコ画で彩られた豪華な部屋が
並んでいますが、その一方で秘密の扉の中には、表側からは見えない執務室や裁判所、
牢獄が隠されていました。
サンマルコ寺院 平尾真彩

ベネチアングラス工房を見学しました。
工房には日本語が上手なスタッフがいて、ベネチアングラスの作り方や、
商品説明を楽しくしてくれました。

その後は、ピザを食べに近くのお店に。絵を見て注文です。
ドゥカーレ宮殿

この大きさのピザを皆さん一人で食べていました。
ベネチア ランチ

私は食べきれないので、生ハム&フルーツの盛り合わせを頂きました。
ベネチア 昼食

真彩はまだ来ていませんが、ボンゴレスパゲッティです。
ベネチア 平尾真彩

店舗外のお店にはテイクアウト用のピザなどがずらり並んでいます。
ベンチマーク ピザ

思いにふける平尾真彩さん。
ドゥカーレ宮殿の平尾真彩

イタリア旅行、まだまだ続きます。

気になることがあればお気軽にお問い合わせください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▷ 電話のお問い合わせ  027-367-8800
▷  メールのお問い合わせフォームはこちら
▷  LINEでのお問い合わせは LINEを開いて→お友達検索→電話番号をチェック→「0273678800」で検索
LINEでのお問い合わせの際は、必ず「本名フルネーム」と「電話番号」を本文にご入力ください。