information

指輪が抜けなくなってしまったときの対処方法

抜けなくなってしまった指輪を抜く方法をお伝えいたします。

①定番のやり方として・・・
(石けん・洗剤をつける)
石けんや洗剤をつけると、良く滑るようになって外れやすくなるのです。
(糸を使って外す)
抜けなくなってしまった指輪がはめてある指に、たこ糸やビニールテープなどを巻き
一時的に指のサイズを細くします。
ひとりで難しいので、他の人に手伝ってもらいましょう。
注意点は・・・うっ血しやすくなるので、手際よく短時間でやりましょう。
あまり時間をかけてやると指がさらにうっ血してしまい指輪抜けなくくなってしまいます。
指輪にタコ糸を通す      手前の糸を指に巻く      奥の糸を手間へに引っ張る
抜けなくなった指輪を抜く方法  指輪の抜き方 糸  タコ糸で指輪を抜く

②自分自身で一工夫してみる
(むくみを取る方法)
指輪が抜けなくなる原因は、体のむくみが原因で起こっている場合が多いですね。
その場合は、腕を上に伸ばしてしばらく置いておくと、
重力によってむくみが取れやすくなり、指輪が外れやすくなります。
急いで指輪を外さなくてもいいのでしたら、そのまま朝までつけておくのも対処方法に一つです。
女性の場合は特に、朝・日中・夜で、むくみ が取れていれば、スッと問題なく抜けることもあります。
急ぎでなければ慌てずに、一日待ってみることも必要ですね。
(裏技1)
両手を背中にまわして外してみる。
指輪を外すときに、後ろ手に回して指輪を外してみると外れやすくなります。
指輪を抜くときは力任せに抜かないで、力を抜いてリラックスしながらやってみてください。
(指輪を切断する)
消防署でも対応してくれますが・・・
消防署では指輪を切るという概念はなく「破壊して切る」となります。
修復が必要であればジュエリー店での切断をお勧めします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://lachouchou-1025.com/archives/16316

ラ・シュシュ高崎

切断後も、リフォームすればOK

LA CHOU CHOU高崎市

指輪を切断したからといって落ち込むことは一切ありません。
LA CHOU CHOUでは、購入時と同じくらい綺麗に復元します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログ更新 彫金師 平尾

気になることがあればお気軽にお問い合わせください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
phone to 電話のお問い合わせ  027-367-8800
mail to メールのお問い合わせフォームはこちら